ヒストリックカーレースに向けてセッティング。
 
NO1 NO2 NO3 NO4 NO5 NO6 NO7 NO8    

いよいよセッティングに出発・朝6時〜

サーキットへ7時30分到着。

まずはキャブのセッティング。


初走行スタート。

3000rpmまで周回を繰り返す。

何度も何度もピットインを繰り返して・プラグの焼け、水温、油温・・・・ジェットも吸入空気も・・

ほぼ低速域でのセッティング完了。

3000rpm〜4000rpmでのつながりチェック。

2名のドライバーで交互に、足回り・ハンドリング・ブレーキ・ギヤー比・・・・・・総チェック
とりあえず5000rpmまでの、エンジンセッティングもほぼ決まる。


本日の結果。

エンジンは、思った以上に安定して、乗りやすいセッティングが出来た。


課題は、ブレーキ・足回り・ハンドリング・・・・
曲らない止まらない・・とんでもなく多くの課題が残ってしまった。

 

安全が第一、まずはフロントのブレーキの分解。

大変作りこんであるブレーキだが、ミニサーキットで2〜3周で、効かなくなってしまうので適当なローターで試作品の製作スタート。

 

ローター及びキャリパーが大きくなると、ホイールが使用できないため、サイズとオフセットを型紙を使用して測定。

Eタイプのデフをビックキャットさんに、ご協力を頂き、郵送していただきました。

デフの取り外し。

4.27から3.54へ変更予定。

茂木では、まだ辛いが、乗りやすさと今後を考えて、変更することに決定。

今まで取り付けてあったノンスリであるが、だいぶ改造して取り付けてある。何のデフを入れていたかは不明。

一つ目の試作品。

装着してみたがいまいち。
ワンサイズ大きくしてみる。

そのうちローターの山になりそうである。

ワンサイズ大きくして加工

キャリパー取り付け用のステー作り。
思うように行かない。・・・大変。

試作第2号。

以前使用していたローター

今回製作した。GTRのベンチレーテッド
問題は、まだまだ山済み。
マスターの容量の問題。
デフも、ハウジングが、加工してある為、デフが遊んでしまう、簡単には付かないみたいだ。
ブレーキローターも大きくした分現状のホイールの変更も必要だが、中古を探すが、思うようなものが見当たらない。
PCDが120.65・・・カマロ、コルベット・全てが太い。
又アメリカンなイメージになってしまう。
オフセットの問題もあり、・・・・
作業時間よりも、頭を悩ます時間の方が長い。

またまたデフに移る。

ハウジングを点検すると、大きく削り込んでいる。

ボルトを通す肉厚も、危険なぐらい削ってある。

 

こちらも同じくノーマルと比べると研磨してある。

左がノーマルのデフ・右が?

サイズが全く違う。

干渉を避ける為ボルトの頭もカットしてある。
せっかく、ビックキャットさんから送っていただいた、3.54のデフも、色々組み合わせて、取り付けてみたが、シムを入れば取り付けも可能と思われるが、やはりレース、万が一の危険を考えると使用を断念。
またまた壁にあたる。
デフケースのアッセンブリーが必要となってしまった。
デフケースを探す間に、チェンジレバーの応急処置。
上下にシフトチェンジしなければならない、チェンジを多少なりとも、シフトミスを無くすために、前後(当たり前)に変更。
クイックシフトが入れてあるから、延長しても、ノーマルのストロークぐらいでチェンジが可能ではあるが、やはり支点から遠い為、従来よりはずいぶん操作しやすいが、多少の慣れが必要だ。
まだまだ改良の余地はあるが時間が無い。

ホイールの選択。16インチ7J、120.65、オフセット27・・・・RSワタナベさんへオーダー

ホイルが仕上がってきました。
GTRのキャリパ―をうまく逃げてばっちり。

またまたビックキャットさんにご迷惑をかけました。大変無理を言ってデフを送っていただきました。

スタビ取り付けステーの製作。

 

交換したデフボディー

 

オーバーオール後取り付け。

スタビ取り付け。

残り2週間。フロントハブボルトの加工も終わり、来週のミニサーキットでの、ブレーキテストに間に合いそうである。

サーキットへ到着。本日のメニューの打ち合わせ。

ブレーキ、デフ等のチェック。

周回を繰り返す。

出入りを繰り返して、ドライバーの交代。

注意事項を伝えて、再度走行。

順調の周回を繰り返す。

本日のメニューこなし撤去作業。
次の作業課題。
まずは、ブレーキの効くようになったが、マスターの容量が足らない為、ダブらないとならない。
シリンダーヘッドより水漏れ、もう一度降ろして、エンジン内の再チェック。
あと一週間。突貫工事になりそうである。
 

キャブ回り取り外し。

シリンダーヘッド点検。問題なし。

ブロック点検。大変綺麗に当たりがついている。
エンジンはとりあえずOK

問題のブレーキである。KP61様を使用しているが、全く容量が足らない為、変更する必要あり。

エンジンは、最終チェックをして完成。

ブレーキのマスターは、一回り大きな物を選択。

スペーサーも、加工して取り付け。
   
PART1 PART2 PART3 PART4 PART5 PART6 PART7 PART8 PART9 PART10